新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年05月05日

実質賃金の低下で雇用は増加するのか?〜浜田宏一と上念司のリフレ論〜取り急ぎのレス

 えー、前回のブログ記事に関して反論がありましたので、今回はそれに対しての返答を・・・

ただ、ちょっとじっくり議論するとかなり論点が多義に渡り、なおかつ複雑なので、とりあえず、コメントを紹介した上で、私が疑問に思った点をひとつだけ挙げておきたいと思います。

貴方の誤解を解こうと思います
中学社会科レベルの当たり前の話ですが、価格というものは需給バランスの均衡に影響を与えます
デフレ下の円ベース実質賃金下落が何故労働需要拡大に繋がらなかったかと言うと理由は二つ有り、
一つは実質金利の上昇による円高により、外貨ベースでの実質賃金が上昇し、労働の質に対して価格が上がり過ぎてたからです
俗に言う円高による国内空洞化ってヤツです。
つまり国際的な実質賃金を見ないと需給に与える影響は分かりません
円の実質賃金が実質賃金の全てではないんですね
Posted by リフレ支持者 at 2014年05月05日 16:53
連投失礼します
実質賃金にはもう一つあります。長期実質金利などと同じ、将来予測との対比での実質賃金です
長期実質金利は予想インフレ率が上昇すると、将来払う金利が将来のインフレにより実質減るから下がりま

実質金利=名目金利−予想インフレ率、という初歩的公式です
これは賃金にも当てはまり、将来の名目利益がインフレかデフレかで増減する為に、現在の雇用コストも変わるからです
現実的な感覚としても将来の名目利益が大きいなら雇用を増やすだろう、という分かりやすい話です。
名目賃金には粘着性がある(将来のインフレ予測上昇を受けてもすぐには上昇はしない)のでそうなります。
これが予想実質賃金下落による失業率の低下です。
Posted by リフレ支持者 at 2014年05月05日 17:18
さらに連投失礼します
議論の根本は実質賃金上昇を伴う成長で無くてはならない、という点だと思いますが
リフレ政策による実質賃金低下は浜田氏が説明するように短期的なものです
この場合の短期というのは需給ギャップが埋まるまでの間という事になります。
この過程が上手く行っているかはフィリップスカーブにより分かります。インフレ率上昇により、失業率が低下してるか、という点です。
失業率も賃金も労働需要の反映ですので。
失業率が低下し、需給ギャップが埋まり、需要超過になるなら実質賃金は上昇に転じます(もちろん格差=分配面の問題もありますが)
今、現在、需給ギャップは埋まり、失業率は下がる傾向なので、
実質賃金上昇を伴う経済成長という目標に近づいてるのは間違いありません。
よって貴方のリフレ政策への懸念は杞憂ではないかと思われます。
ちなみにインフレギャップ下での実質賃金上昇は実質経済成長の反映なので
制度や技術の革新による効率化、生産性の上昇というデフレ下では嫌われる要素は必須になります
このインフレギャップ下に備えた政策も同時進行しているのが、
安倍政権への三橋氏の懸念が生まれる原因なんでしょうが、長期では両方必要なんですよね
Posted by リフレ支持者 at 2014年05月05日 17:49


 これ、さらに後半もあるんですが、かなり長いので、とりあえず紹介はここまで・・・

 あとでしっかりレス返すんでとりあえず、ざっと読んで一つ疑問に思ったことを

 私が浜田氏のリフレ政策に関して非常に疑問に思ったのは、円の実質賃金では失業率と相関がなく海外との比較した実質賃金の低下によって雇用が増えるということは、つまり全体のパイを増やすのではなく、単純に海外から雇用を奪っているだけですよね?ということです。それで、失業率を下げるというのは、(少なくとも短期的に見るなら)いわゆる近隣窮乏化政策になるわけです。そこで、浜田氏の主張では、一旦失業率が下がったあとで再び実質賃金が上がると述べているそうですが、しかし、ここで失業率が下がるのは、あくまで自国の実質賃金を海外と比較して相対的に低下させることで奪ってきた雇用であるので、その後再び実質賃金が上昇する段階ではもう一度雇用が海外に奪い返されることになります。

 なので、やはり浜田氏のリフレ理論は、国内での実質賃金の低下により、海外から雇用を奪うことなしに、失業率が改善するという前提がなければ成り立たないでしょう。つまり、やはり実際に円の実質賃金では失業率と相関がない以上、浜田氏の考えるような実質賃金を下げる政策では、海外から雇用を奪う以外に雇用の改善が不可能である以上、近隣窮乏化による底辺の競争と、この底辺の競争に伴うさらなる世界規模での需要の縮小とデフレの悪循環に陥る結果になると思います。

 一応、さらにその反論として、失業率が改善している間に、技術革新を起こし、それによって再び実質賃金が上がった段階では生産性の向上や新たな雇用が生まれることで再び海外に雇用を奪われることで失業率が上昇することがないようにできるかもしれない。ということが考えられるかもしれませんが、技術革新は、不確定要素が高く、必ずしも、海外から実質賃金を下げて雇用状況は改善することで技術革新が促進されるという確かな根拠はないと思うので、そういった意見は今回は取り上げないようにしたいと思います。


↓上念って本当に浜田宏一の弟子なの?と思った方のための検証動画・・・




ASREADに寄稿しました!!⇒『消費税増税の問題点について改めて考える』 http://asread.info/archives/611



↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 22:35 | 神奈川 ☁ | Comment(12) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検証 上念司は本当に浜田宏一の弟子なのか?〜実は上念司はリフレ理論を理解していなかった?!〜

 うーん、最近しょうもないエセ言論人叩きばかりやっているのですが、なにやらこれが予想外に注目を集めているようで、久しぶりにブログのPVが2500を超えました。動画の再生数もそこそこ伸びてますし、なんというか皆やはり心の中に

あの胡散臭いエセ言論人連中の化けの皮を剥がしてやりたい!!

という想いを持っているのでしょうね。まあ、プロの言論人はあまり名指しで個人攻撃することはしにくいですし、結果として素人目線から好き勝手喋ったり書いたりしてる私のブログや動画なんかがそれなりの支持を得てるのかなぁと思います。

 それでまあ、今回もそんなしょーもないエセ知識人叩きシリーズの一貫で、「上念司は本当に浜田宏一の弟子なのか?」ということについて検証してみたいと思います。

 上念司氏は、以前はそれこそことあるごとに、「私の師匠である浜田宏一先生によると〜」と言い、自分は米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授の弟子であるということをアピールしていたのですが、ネット上では、常に「上念司は浜田の弟子なのか?浜田は弟子だと思ってないけど、勝手に上念が浜田の弟子を自称してるだけなんじゃないか?」と疑惑の目を向けられていました。そんな中、KYなのか、もしくは物凄く空気を読んだのかはわかりませんが、三橋貴明メルマガ執筆者のひとりである東田剛氏がのメルマガ上で披露している替え歌の歌詞の中で

出典出すんだ 師匠は浜田
キベンゴー キベンゴー
キベンガーZ

私の師匠の 浜田先生(要出典)
デマと詭弁で金儲け


と、遠まわしに(いや、そうでもないか?w)

お前が浜田宏一の弟子であるなら証拠を出してみろよ!!

とからかってみたところ。上念氏は証拠を出しませんでしたが(いや、「出さなかった」ではなく「出せなかった?」)、何故か、突然東田氏の悪口をFBで書き出しました。
(※ちなみに、この対決については以前ブログ記事と動画で解説しました『解説 中野剛志VS上念司論争〜私と師匠と浜田先生〜』動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm23471637 ブログ http://achichiachi.seesaa.net/article/396151660.html

 いやぁ、しかし、何故上念氏は、「浜田の弟子である証拠を出せ」と東田氏が述べた途端に、ブチギレたのでしょうか?私には、その理由に関して見当すらつきません(すっとぼけ)

 まあ、何故か、突然キレ出して、浜田宏一の弟子であることの証拠を一向に出してくれそうにない上念司氏ですが、まあ、ここは一億歩譲って証拠とかはどうでもいいということにしておきましょう。なにしろ重要なのは上念氏が浜田宏一氏のリフレ理論を理解しているかどうかなのですから・・・と思ったのですが、実は先日上念氏とツイッターで議論をしていて、「実は上念氏はリフレ理論を理解していないのではないか?」と思ってしまうような発言が見受けられましたので、それについて検討してみたいと思います。

 私が上念氏と議論をしていた問題だと思ったのは、この二つのツイートです







 多くの方が「一体、この発言の何が問題なんだろうか?」と疑問に思ったでしょうが、実はこの発言、「果たして上念氏が本当にリフレ理論を理解しているのか?」という疑問を解く上で決定的に重要な発言なんですね。

 実は、上念氏の師匠であるリフレ派経済学者の浜田宏一氏は、安倍政権の経済政策に関するインタビューで次のように述べています。

物価が上がっても国民の賃金はすぐには上がりません。インフレ率と失業の相関関係を示すフィリップス曲線(インフレ率が上昇すると失業率が下がることを示す)を見てもわかる通り、名目賃金には硬直性があるため、期待インフレ率が上がると、実質賃金は一時的に下がり、そのため雇用が増えるのです。こうした経路を経て、緩やかな物価上昇の中で実質所得の増加へとつながっていくのです。

その意味では、雇用されている人々が、実質賃金の面では少しずつ我慢し、失業者を減らして、それが生産のパイを増やす。それが安定的な景気回復につながり、国民生活が全体的に豊かになるというのが、リフレ政策と言えます。

よく「名目賃金が上がらないとダメ」と言われますが、名目賃金はむしろ上がらないほうがいい。名目賃金が上がると企業収益が増えず、雇用が増えなくなるからです。それだとインフレ政策の意味がなくなってしまい、むしろこれ以上物価が上昇しないよう、止める必要が出て来る。こうしたことは、あまり理解されていないように思います。
(浜田宏一・内閣官房参与 核心インタビュー「アベノミクスがもたらす金融政策の大転換インフレ目標と日銀法改正で日本経済を取り戻す」http://diamond.jp/articles/-/30804?page=6


 つまり、このインタビューで上念氏の師匠である浜田宏一氏は、リフレ政策の要の一つとして、雇用を改善するために、実質賃金を抑えることの重要性を説いて、しかもそうしなければリフレ政策の意味がなくなってしまうとまで述べており、それこそがリフレ政策であり、これが理解できなければリフレ政策そのものを理解できていないといったような調子で語っています。

 しかし、さきの上念氏のツイートを見ると、はっきりと
雇用問題を実質賃金で語る人が実は全く無意味な事言っている
雇用と実質賃金は関係ない

と述べているのです。つまり、上念氏は、浜田宏一氏に弟子入りしながらも、全くリフレ政策を学んでいなかったということなんですね、それでは一体上念氏は浜田宏一の下で何を学んだのでしょうか?得意の詭弁術でしょうか?それとも下らない陰謀論でしょうか?
(※ 今回、この主張の「どちらが正しいのか?」という問題は脇に置きます)

 ちなみに、この点について、私が「上念氏の師匠である浜田宏一こそ、まさに「雇用問題に関して実質賃金で語る人」であるように思うのですがどうでしょうか?」と聞いてみたところ、次のような返事が返ってきました。




あれ!!上念さんは浜田先生の弟子じゃなかったんですか?!Σヽ(゚Д゚○)ノ

 あれ?あれれれれ〜ヽ(*゜▽。*)ノ?????と思ってですね、その後出典を示して、引用文もリプライで送った後に「あれ!!浜田先生の弟子じゃなかったんですか?!」と聞いてみたところ、ガン無視され、未だに返事は返ってきていません。




 さらに言うと、上念氏は経済政策における議論の中でしばしば「別にリフレ派は財政出動に反対はしていない」ということを述べるのですが、これもおかしくて、日本におけるリフレ派の大家で上念司氏の師匠である浜田宏一は、先のインタビューの中で財政政策に関して次のように発言しているんですね。

本来私も金融政策だけで十分ではないかと思っています。
ただ、政府内には「最後の一押しは財政政策が必要」という意見がある。一方、「金融政策で財政危機を救えるのに、財政で大盤振る舞いすると救えなくなるのではないか」と不安を持つ人もいて、私はどちらかと言えばそちらの意見に賛成です。


 ここではあくまで消極的な反対というような言い方ですが、実は、私の聞いたところによると、浜田宏一氏は、内閣参与で防災・減災ニューディール政策担当である藤井聡さんと初めて会った時に、顔を合わせるなりはっきりと「私は公共投資には反対です」と発言したというのですね。

 つまり、上念氏が述べる「別にリフレ派は財政出動に反対はしていない」という意見は実は大嘘で、少なくともリフレ派の経済学の大家であり上念司氏の師匠である浜田宏一氏に関しては積極的な財政出動に反対しているんですね。しかし、リフレ派経済学者の本なんてロクに読んだこともない私でも知っているのに、浜田宏一に師事していたという上念氏はそんなことも知らなかったんですかね?不思議ですね。本当に弟子なんでしょうか・・・?

 えー、最後に・・・

私は浜田宏一先生の弟子である・・・証拠はまだない☆゚+.(=ФωФ=)ノ゚+.☆

 どこで学んだかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でエセケインジアン偽装転向コミンテルンと騒いでいた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて土建屋の御用学者というものを見た。しかもあとで聞くとそれは京都大学工学科教授という人間中で一番獰悪(どうあく)な種族であったそうだ。この土建屋御用学者というのは時々我々リフレ派を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の詭弁に載せられてチャンネル桜という番組に出演させられた時何だかペラペラした感じがあったばかりである。チャンネル桜の収録中少し落ちついて土建屋御用学者の顔を見たのがいわゆる守旧派抵抗勢力というものの見始であろう。


↓悪質巧妙な詭弁術で馬鹿な保守系政治オタク経済オタクから金を騙し取るノウハウを知りたい方はこちらの動画がオススメです!!



ASREADに寄稿しました!!⇒『消費税増税の問題点について改めて考える』 http://asread.info/archives/611



↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 04:20 | 神奈川 ☀ | Comment(13) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。