新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年05月04日

三橋貴明VS上念司〜経済評論家上念司の悪質な詭弁術〜

 えー、先日経済評論家の上念司氏とツイッターで議論をしていたのですが、あまりの詭弁と詐術のせいで本当にうんざりさせられてしまいました。本当に、悪質な詐欺師のようなような男ですね・・・今までは、詭弁家だと思っていたのですが、直接やりとりをすることで私の中で詭弁家から詐欺師にグレードアップしました、まあ、馬鹿な保守派の人間、自称経済通の人間を騙して金を巻き上げるという意味では立派な詐欺師でしょうね・・・そのくせ、いきなりこっちの発言に対して、「あなたからは真実を追求しようという真摯な姿勢が感じられません。あなたがやっているのはただの示威行為なのではないですか?」などと言ってきたので、本当に「どの口が言ってるんだよ?」と思い呆れてしまいました。えー、なので今回は、実際に使われた上念流詭弁術の具体例を紹介し、どこがオカシイかについて解説してみたいと思います(´Д`)ハァ…

 はい、ではまずはコチラ




 おそらく、これは、三橋貴明さんのブログエントリー『消費者物価と実質賃金』(http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11833993543.html)に対しての一発論破ということなのだと思います。ちなみに、それについても質問すると、上念氏は「違う」と否定したのですが、様々な事情を考慮した結果どう考えてもそうだとしか思えないので、そうだということにします(「疑わしきは決めつけて滅ぼす」BY倉山満)。

 さて、日本経済のフェーズはすでに「物価」を重視する時期から、「所得」の拡大ペースを問題視するべき時期に入っています。厳密には、物価の伸びに所得の伸びが追い付かない、実質賃金の低下の問題です。

 デフレ期の我が国は、
「物価が下落し、それ以上のペースで所得(給与など)が縮小する」
 形で、実質賃金の低下が続いていました。実質賃金の低下とは、すなわち国民の貧困化です。


 三橋さんのブログエントリーでは、このように述べて、さらに、現在安倍政権が進めている規制緩和や構造改革といった実質賃金を低下させるような様々な政策について批判し、望ましい経済や経済政策のあり方として、実質賃金の上昇や、失業率の改善を伴ったデフレ脱却と経済成長も目標とすることを提案しています。

 それに対して、先の「これで一発論破!!」と上念氏が大騒ぎしていたブログエントリーでは、このように解説しています。

リフレ政策の流れについてカンタンにおさらいすると、

適切な財政金融政策
→期待インフレ率の上昇
→実質賃金の一時的な低下(@)
→失業の改善(A)
→生産のパイの拡大(B)
→実質賃金の上昇

という感じです。(中略)

さて、リフレ派を攻撃する人たちの主張はこうです。

「デフレの間ずっと実質賃金は減り続けてきたのに雇用は増えていないじゃないか!だから実質賃金を下げたって雇用は拡大されない!リフレ派はインチキ!」

要するに上のフローチャートで言うところの@とAの間にケチを付けてきているわけですね。

まぁ、確かに実質賃金が減り続けてきたことは事実でしょう。しかしながら、フィリップス曲線にインフレ率と失業率の逆相関が表れている以上は、@→Aの流れは事実であり、実質賃金の低下が雇用を生み出しているのが現実なのです。
http://ameblo.jp/akichi-3kan4on/entry-11838824622.html?fb_action_ids=310186562467297&fb_action_types=og.likes


 ここで、重要なのは「実質賃金が減り続けてきたことは事実」であり、同時に「@→Aの流れは事実であり、実質賃金の低下が雇用を生み出しているのが現実なのです」と断言していることです。

 ここまで素直に読んだ場合、「そうか、なるほど、実質賃金の低下が雇用を生み出しているということは、三橋が主張する実質賃金の上昇と失業率の改善を伴うカタチでの経済成長は不可能なんだ!!やっぱり三橋はインチキなんだ!!」と思う人も多いでしょう。何しろ経済評論家の上念司大先生が「一発論破!!」とお墨付きを与えているのですから。

 しかし、このブログエントリーの「では、彼らのロジックのどこに誤りがあるのかを検証していきましょう。」と書いた続きの内容が全くのデタラメ。詳しくは解説しませんが(解説するほどの価値もないと思うので・・・しっかりと検討したい方は、どうぞご勝手に)、「実質賃金変化率−名目賃金変化率=賃金の実質的価値」などという意味不明かつ無意味なパラメーターを捏造し(ちなみにこれはインフレ率と同義です)、「やはり、企業にとって実質賃金が相対的に“重い”と雇用を減らさざるを得ない」と結論づけています。

 しかし、少し考えれば、これは明らかに詭弁とミスリードであることに気づくでしょう。このエントリーでは「実質賃金変化率−名目賃金変化率=賃金の実質的価値」としていますが、これが大嘘。賃金の実質的価値は、どう考えても、名目賃金にインフレ率を加味した実質賃金そのものであります。つまり、ここでいう、賃金の実質的価値という言葉は、嘘理論を正当化するためにでっち上げた嘘用語なわけなんですね。それで、

こんなもんただの詭弁理論ウソ理論で、何一つ論破なんてしてねーじゃねーかよヽ(`Д´#)ノ

と思った俺は「これでバカを一発論破!!」とバカ丸出しの発言をしていた上念氏に次のようなリプライを送りました。




えー、このあたりから詭弁術が満載になってきます・・・




えー、少々日本語が不自由な方なのでしょうか?( ̄▽ ̄;)




ぎゃ・・・逆ギレですか?まあ、いいや続けよう( ̄▽ ̄;)







この二つの質問に対する上念氏の回答一つ目




「どういう読み方をするとそうなるのか全く意味不明ですね。」(すっとぼけ)
と書いてあるのですが、最初の文章を読めば、「このエントリーでは三橋さんの「実質賃金の低下を伴わないカタチでの景気回復、雇用の改善を目指すのが望ましい」という主張に対する反論」であることは明確です。なにしろ、実質賃金が減り続けてきたことは事実」であり、同時に「@→Aの流れは事実であり、実質賃金の低下が雇用を生み出しているのが現実なのです」と断言しているのだから、別に特殊な読み方をするまでもなく、普通にそのように読み取れるわけです。







このようなリプライを送りましたが、今のところ回答はなし

二つ目の質問の返答




あれ!!浜田先生の弟子じゃなかったんですか?!Σヽ(゚Д゚○)ノ

まあ、いいや、浜田宏一のインタビュー記事から引用しますと

 物価が上がっても国民の賃金はすぐには上がりません。インフレ率と失業の相関関係を示すフィリップス曲線(インフレ率が上昇すると失業率が下がることを示す)を見てもわかる通り、名目賃金には硬直性があるため、期待インフレ率が上がると、実質賃金は一時的に下がり、そのため雇用が増えるのです。こうした経路を経て、緩やかな物価上昇の中で実質所得の増加へとつながっていくのです。
 
 その意味では、雇用されている人々が、実質賃金の面では少しずつ我慢し、失業者を減らして、それが生産のパイを増やす。それが安定的な景気回復につながり、国民生活が全体的に豊かになるというのが、リフレ政策と言えます。

 よく「名目賃金が上がらないとダメ」と言われますが、名目賃金はむしろ上がらないほうがいい。名目賃金が上がると企業収益が増えず、雇用が増えなくなるからです。それだとインフレ政策の意味がなくなってしまい、むしろこれ以上物価が上昇しないよう、止める必要が出て来る。こうしたことは、あまり理解されていないように思います。
( 浜田宏一・内閣官房参与 核心インタビュー「アベノミクスがもたらす金融政策の大転換 インフレ目標と日銀法改正で日本経済を取り戻す」 http://diamond.jp/articles/-/30804

とあります。さて、出典を出したのですが、果たして反論はしていただけるのでしょうか?今のところリプライは送られてきていません(まあ、一生送られない、というか送ってくることが出来ないかもしれませんけどね)。

 以上、詐欺師から学ぶ詐欺術のコーナーでした(他にも様々な詭弁を弄していたのですが、解説するときりがないので、比較的わかりやすいものだけ紹介させてもらいました)。


↓東田剛VS上念司論争の解説動画アップしました



ASREADに寄稿しました!!⇒『消費税増税の問題点について改めて考える』 http://asread.info/archives/611



↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 10:33 | 神奈川 | Comment(22) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。