新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年02月08日

『ユーザーイリュージョン―意識という幻想』(トール ノーレットランダーシュ 著 柴田 裕之 訳)を読んで・・・そのB〜自由意思の問題〜

 『ユーザーイリュージョン―意識という幻想』のレビューの第3弾です
 これまでに1回目と2回目のレビュー記事も書きましたが、それぞれ独立した内容にしてあるんで、一応、前のレビューを読まなくても理解できると思います。

『『ユーザーイリュージョン―意識という幻想』(トール ノーレットランダーシュ 著 柴田 裕之 訳)を読んで・・・』http://achichiachi.seesaa.net/article/386933746.html

『『ユーザーイリュージョン―意識という幻想』(トール ノーレットランダーシュ 著 柴田 裕之 訳)を読んで・・・そのA〜世界を認識する方法〜』http://achichiachi.seesaa.net/article/387079996.html

 今回は、自由意思の問題について、この著者のトール ノーレットランダーシュ氏がどのように考えているかについて解説してみたいと思います。

 一連の単純な法則を完全に実行させてみると、法則そのもののなかには見つからない属性を示すことがありうる。私たちが法則のなかにそうした属性を見つけられない原因は、ゲーデルの定理とチャイティンがそれを発展させたもののなかに記述されている、世界の一般状況にある。チューリングが証明したように、私たちは、計算が停止するかどうかをなんとしても決定できないからこそ、法則から何が導き出されるのか前もって知ることは絶対に不可能なのだ。
 ある意味では、人間が自由意思を持っているかどうかなど、どうでもいいことだ。単純な法則があって、それがけっきょく、私たちの行動を決定しているのかもしれない。私たちに知りうる法則があり、その初期条件もわかっているので、原理のうえでは、ある特定の状況で私たちが何をするかをけいさんできるのかもしれない。しかし、そのような法則は計算上還元不可能である可能性が非常に高いので、私たちは、その法則が扱う情報をすべて手に入れることによってのみ、結果を計算できる。言い換えれば、私たちはある人が学んだことすべてを知り、さらにその人が経験したこともすべて経験してからでなければ、その人がこれから何をするのかを計算するための十分な情報を手に入れたことにはならない、ということだ。その人が行った所にはすべて私たちも行っていなくてはならないし、その人が行動した状況すべてで私たちも行動していなくてはならないのだ。しかし、その場合、私たち自らが必然的にその人にならざるをえなくなる。(P 449)


 ここだけ読むと、なかなか意味は理解できないのですが、つまりは、仮に人間の運命がいくつかの単純な法則に支配されていたとしても、人間がこの世界で生きていくということは、圧倒的な情報量を持ってしまうため、いくつかの単純な法則(例えばニュートン力学等)に支配されていたとしても、元の単純な法則とは似ても似つかぬ複雑かつ予測困難な振る舞いを示すことになる(これを著者は「量の増加は質の変化を生む」という言葉で説明してます)ため、人間の行動や運命は事実上完全に予測することはほとんど不可能であり、そのような状況では自由意思が存在するのかどうかなどと問うこと自体が無意味であるということです。

 うーむ、一面においては、なるほどと納得させられますが、やはり他方でどうしても納得のいかない気持ちも生まれてきます。確かに、客体的な予測という観点からすると、確かに、そもそも予測不可能な対象について、それが自由意思を持って動いているのか否かという問題は、ほとんど意味を成さないかもしれませんが、一方で自分自身が行動を起こす主体であると考えたとき、果たして自分は自由意思によって自分の行動や振る舞い、あるいは運命を変更することが可能なのか?という疑問を持たずにはいられません。

 私たちは、誰も経験的に、やる気や、強靭な意思が現実の行動や結果に大きな影響を与えることを知っています。このような事実から、どうしても実感としてはやはり自由意思を肯定したい気持ちになるのですが、すこし考えてみると、やはりこのようなやる気や意志も、果たしてそれが自発的な自由意思による結果発生したものであるのか、あるいはその人間の内外に存在するいくつかの単純な法則の結果生じたものなのか(たとえば、友人や恋人からの応援や励まし、あるいは何らかの外的要因から生じた使命感等と、自身の内的資質との反応の結果等々)、どちらであるかと考えてみたところで、結局、「もし、自由意思が存在しなかったらどうなっていたのか?」について測定する手段が存在しない以上、やはり無意味な問いであるのかもしれません。

 脳や肉体を持った人間の思考には、どうしても物質的な基礎付けが必要であることを考えれば、やはり人間の思考すら一定の法則に支配されており、仮に自由意思が存在したとしてもそれの及ぼす影響は非常に限定的であると考えるのが自然かもしれません。しかし、一方で、友人や恋人からの励まし、あるいは社会的な使命感等々から生じるやる気なども含めた自発的なやる気や意志の発生をも含めて(反応ではなく)自由意思であると考えるのであれば、自由意思の問題とは、事実の問題であるというよりも、個々人の解釈の問題であるという側面が強くなりますし、そうなると、やはり、あまり原則論として、「自由意思は存在するのか?」ということを問うことはほとんど無意味であるという著者の主張は、やはり正しいのかな?というようにも思えてきます。


ASREADさんに記事寄稿しました!!こちらもよろしくお願いします!!⇒『「民主主義は最悪な政治といえる」という言葉の真意』http://asread.info/archives/445




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 15:46 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。