新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年02月05日

『ユーザーイリュージョン―意識という幻想』(トール ノーレットランダーシュ 著 柴田 裕之 訳)を読んで・・・そのA〜世界を認識する方法〜

 今回も、前回の記事(『ユーザーイリュージョン―意識という幻想』(トール ノーレットランダーシュ 著 柴田 裕之 訳)を読んで・・・』http://achichiachi.seesaa.net/article/386933746.html)に引き続き、『ユーザーイリュージョン―意識という幻想』の解説です。

 前回の記事では、現実世界が有する(あるいは有しない)属性に関する記述を紹介しました。

 私たちが見たり、注意したり、感じたり、経験したりする世界は、錯覚なのだ。私たちの周りの世界には色も音も匂いもない。それらは私たちが経験するものだ。だからといって、世界がないということではない。実際にある。だが、世界はただ存在するのみなのだ。
 人が経験しないかぎり、世界には何の属性もない。少なくとも、色や匂いや音のような属性はない。
(前掲書 P 358)


 私たちは、普段世界の有する属性を当たり前のものであると認識しています。光があり、色があり、カタチがあり、匂いがあり、温度があり、音もある、常に世界をそのようなものとして認識するのです。しかし、現実には、世界はこのような属性を有していません。ただ、私たちが、「世界はこのようなものだ」と認識、あるいは錯覚しているに過ぎないのです。人間以外の動物は色というものを視覚的に認識出来ない生物が多く、私たちはそのような動物と比較して自分たちを「より正確に世界を視覚的に認識しているのだ」と素朴に考えがちです。確かに、人間は視覚によって色を認識しますが、これは何も世界には色という属性が存在していて、私たち人間が、その色を認識出来ない動物とは違って正確に認識しているわけではありません。ただ、単純に光の特性を区別するために、脳が色という属性を作り出してそれを区別しているに過ぎないのです。

 これは、説明されれば納得できるのですが、実感としてはなんとも納得し難い事実でしょう。例えば、音であればもっと納得しやすいのです。音とは空気の振動であり、この空気の振動は聴覚以外に触覚しても認識することが可能です。ですから、「そもそも世界に音という属性は存在しない。」と言われれば、「ああ、確かに、人間はこの空気の振動を音として認識しているのだな」ということが理解できるのです、現実に音を伝えるための空気の存在しない真空空間では音は発生しません(空気の振動以外の方法で鼓膜を振動させない限りはですが)。しかし、一方で色という属性は触覚以外で認識すること、体験することが不可能ですので、たとえ「そもそも世界に色という属性は存在しない。」と言われても、「じゃあ、一体私たちが認識しているこの色とはそもそも何なのだ?なぜ、色は存在しないはずなのに私たちはそれを体験できるのだ?」と疑問に思うわけです。

 これは、なんというか考えれば考えるほど不気味な話です。もし仮に、「色の存在しない世界を想像してみください」と言われると、おそらく多くの人は全てが白や黒や灰色になった世界を想像するでしょうが、それすら白や黒や灰色という色が存在しています。おそらく唯一生まれついての盲目の人のみがその世界について正確なイメージを想像しやすいのではないでしょうか。ただし、この場合でも生まれついて盲目の人は、そもそも色を知らないので、私たちのように目の見える人が想像するようなカタチで色のない世界を想像することは不可能です。

 もちろん、人間は、人間の認識の仕方をもってしか世界を認識、体験できないため、様々な属性を持たないありのままの世界というものを体験できません。しかし、多くの人にとって、それでもどうしてもありのままの世界というものがどういったものなのか想像せずにはいられないのではないでしょうか?

 このようなことを言えば、一発で頭のおかしい人間だと思われそうですが、私たちが「これこそが世界だ」と思って信じている世界は、すべてことごとく幻想であり、さらに言えば、根本的に幻想でしかありえないのです。


ASREADさんに記事寄稿しました!!こちらもよろしくお願いします!!⇒『オウム真理教問題と現代日本の抱える親子関係の歪み』http://asread.info/archives/419




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 02:42 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。