新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年02月01日

西部邁先生にASREADに記事を寄稿していただきました!!

【特別寄稿 西部邁 】言葉は過去からやってくる
http://asread.info/archives/428

 西部邁先生に、ASREADに記事を寄稿していただきました。

 この記事では今回の都知事選についても触れられています。

 「知ること」といえば、これを書いているさなか、都知事選の候補者が次々と名乗りを上げています。私は、随分前から、民主主義の時代に政治家になりたがる者には変態者が多いくらいに考えておりますので、都知事選にさして関心がありません。ここで指摘したいのは、都道府県の長が「知事」と呼ばれるのはなぜなのか、この知事選候補者たちは(たぶん)知ることがないだろうという点です。
 「知事」とは、六、七世紀の日本でも、国を天皇が治めることを「知ろしめす」ということからもわかるように、政治を行うことです。そして、なぜ政治が「知る事」なのかというと「天命を知り、それを民人に知らせること」が政治だからとなります。天命とは、今で言えば「揺るがせに出来ぬ真実(に近い価値や規範)」といったようなことです。一体全体、これら候補者たちはそんな凄いものを知るための努力をどこでどれくらい払ったというのでしょう。そんな努力はおおよそゼロだ。と候補者の顔相からしてすぐわかるのです。私のいいたいのは、知事のことについて喋々するのなら、知事の由来についてせめて一分間くらいは思いを巡らせたらどうか、ということに過ぎません。


 twitterでは、「この記事を是非都知事選の立候補者に読んで欲しい」という書き込みもされていたのですが、どうでしょう、なんとなくですが家入一真あたりの支持者などは、「こんな古臭い考えを持ったじじいの説教など聞きたくもない!!」といった反応をするような気がしなくもありません。

「皆で、選挙に行きましょう!!」
「私が、知事になれば、こんな素晴らしいことをたくさん実現します!!」
そして、中には、
「選挙って楽しいですね!!皆も楽しく政治に関心を持ちましょう!!」
などというワクワクマインドで選挙に立候補する人間まで出る始末です。「天命を知り、それを民人に知らせること」が政治なのだと考え、政治について深い洞察を得られるよう真剣に考えてみてほしいなどという贅沢を言うつもりもありません。せめて、政治に関われば、「自分の判断一つで、どんな大量殺人犯よりも圧倒的に多くの人びとを死なせたり、不幸にさせる可能性がある」あるいは、どれだけ最善の判断を下しても、誰かが圧倒的な不利益を被るのだという程度の自覚はして欲しいと思います。

 そして、まあ西部先生も書いているように、おそらく、ほとんどの候補者にとって、そのような自覚は皆無であろうと、その呑気な面構えを見ればおおよそ推測可能なわけです。

 最後に、今回の西部先生の特別寄稿をはじめとして、ASREADでは今後も数々の大物評論家や知識人への執筆を予定しておりますので、今後とも是非応援よろしくお願いします。


ASREADさんに記事寄稿しました!!こちらもよろしくお願いします!!⇒『オウム真理教問題と現代日本の抱える親子関係の歪み』http://asread.info/archives/419




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 14:19 | 神奈川 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。