新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年01月24日

東京都知事選│アンケート調査の結果、舛添要一43.3%、田母神俊雄24.4%、細川護熙17.5%=日経新聞読者アンケート

(1)今回の都知事選で最も重要な争点は何だと思いますか

A.原発の是非14.9%
B.東京五輪への準備体制づくり23.1%
C.大震災などに強い街づくり45.5%
D.独居老人など弱者へのケア
E.保育所などの待機児童対策
F.候補者がカネにきれいかどうか
G.その他5.7%

(2)争点をワン・イシュー(一点)に絞り込む選挙の戦い方をどう思いますか

A.1つの政治手法としてありだ21.6%
B.幅広い課題に目配りすべきだ78.4%

(3)誰に都知事になってほしいですか(敬称略)

A.宇都宮健児
B.田母神俊雄24.4%
C.ドクター・中松(中松義郎)
D.細川護熙17.5%
E.舛添要一47.3%

(4)安倍内閣を支持しますか、しませんか
支持する76.8%
維持しない23.2%

http://www.nikkei.com/news/survey/vote/result/?uah=DF170120147563

http://blog.livedoor.jp/doyasoku2ch/archives/36515382.html


 立候補の時点では、ほとんど泡沫候補のような扱いで、特に地上波TVでは、舛添VS細川の一騎打ちあるかのように報道されていましたが、現在、いくつかのアンケートの結果から、ネット上では、今回の都知事選は舛添VS田母神の一騎打ちになると予測されています。

 特に、これらのアンケート結果を見てか、田母神支持者は大変な盛り上がりを見せているようです。




 私は、東京都民ではありませんが、今回の都知事選では田母神さんを応援しています。私が田母神さんを支持する理由は、一つには、政策の問題、現在の東京の最大の問題として首都直下型地震の対策を挙げていること、現在の米国主導の改革案、特に東京の経済特区構想にはっきりと反対をしていること等がありますが、それだけではありません。

田母神俊雄氏「自民党は私を支持すべきだ」 都知事選前に会見【会見速報】

自分が得をして都民が損をすることがあってはならない。さらに何かやろうとすると必ず問題が生じる。目標達成までは熱く燃えろと。自己保身のための上司がいる。そんな上司ではいけないし、そうならないし、志を高く持って国家国民のためにがんばれ、という意味で「熱く燃えろ」と。私は結構圧力に強い。これ以上小さくなることはない。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/21/tamogami-tokyo-governer_n_4635662.html?utm_hp_ref=tw


 私は、田母神さんが都知事選の立候補を発表する直前の1月3日に九段下の靖国神社前で田母神さんの演説を聴きに行きました。

 そこで私は、功名心や政治的野心から、皆の熱狂的な支持を得ようと派手なパフォーマンスをするのではなく、ただ淡々と、今の日本に、今の東京の都政に必要なことはなんであるかを説く一人の男の姿を見ました。

 今の日本に、今の東京に必要なことは何かということを一通り説明し、もしかしたら、自分ならそれを実現できるかもしれないと語りました。

 今思えば、集まっていた聴衆が、「田母神都知事を誕生させるんだ!!」と盛り上がる中、田母神さんは、淡々と今の日本と東京に必要な政策を説き、その言葉に熱心に耳を傾ける聴衆の姿を眺めながら、静かに決心を固めていたのかもしれません。

 おそらくは、もう一定の割合の有権者は、もはや派手なパフォーマンスや、決して実現不可能な空理空論を説く夢想家のような政治家にうんざりしているのでしょう。彼らは、「あれもこれも世界でナンバーワンを目指します!!」とか「今すぐ原発をなくしてクリーナエネルギー社会を実現する新しいイノベーションを起こします!!」とか「日本の政治システムを抜本的に改革します!!」とか、もはやそんな虚言のようなホラを噴いてないで、しっかりと地道に今ここでできることをやってくれよと思っているのかもしれません。

 おかしな功名心に囚われ、派手なパフォーマンスに精を出すでもなく、歴史に名を残すような偉業を成し遂げようとするのでもなく、ただただ、必要なことを淡々とこなそうとする。私は、立候補を表明する直前の演説する姿からそのような決意を感じ取りました。


ASREADさんに記事寄稿しました!!こちらもよろしくお願いします!!⇒『どうして日本の行政改革は進まないのか?』http://asread.info/archives/395




↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σ


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 21:35 | 神奈川 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。