新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2013年12月27日

安倍首相の靖国神社参拝について・・・そのA

 前回のエントリー(『安倍首相の靖国神社参拝について』http://achichiachi.seesaa.net/article/383632228.html)の記事について、とある方からツイッターの方でなかなか手厳しいコメントをいただきましたので、今回はそれについて少々反論をしてみようかと。

AKC包囲網の中、予想された反応を示すAKC連中のなかで、安倍ちゃんは頑張ってるでしょ。こんだけ厳しい状況のなかで参拝して「再び日本が危機に陥ったときは、我々も必ず立派に戦い抜き日本をこれからも守っていく」って言葉を求めるなんて、妄想もいい加減にしてもらいたいもんだね(笑

不戦の誓いを穿った見方しかできず、さも己も中野氏なんかと同じ知性を持ち合わせてるかのように、一国の首相を自己の脳内で理解できると信じこみ、安倍ちゃんはアベコベだーっ、とね(笑 おたくさんみたいな人間に本心を見られてしまうなんて、そりゃ一国の宰相なんて務まるわけないジャン(爆


 「再び日本が危機に陥ったときは、我々も必ず立派に戦い抜き日本をこれからも守っていく」という言葉に関しては、当たり前ですが、仮に首尾一貫した言動を取るのであれば、という仮定の上での非現実的な「べき論」であって、別に私が、現在の国際情勢の中で、本当にそんな言葉を言って欲しいと願っているわけではありません。

 「中国や韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない。英霊の冥福をお祈りし手を合わせることは、世界共通のリーダーの姿勢だ」という言葉に関しては妥当であるように思われますが、「不戦の誓い」という言葉に関しては、「不戦の誓い」をわざわざ靖国神社で行う必要は全く無いでしょう。それこそ原爆ドームかどこかで行えば良いような「不戦の誓い」をわざわざ靖国神社で行った事が適切ではないであろうという文脈の中で、「べき論」を述べたに過ぎないわけです(もっとも、参拝をしても米中は決まりきった紋切り型の抗議文を出す程度のことしか出来なかったことを考えると、先のような発言をしても大した問題にはならなかったような気もしますが)。

日本のおかれた現状や周辺諸国と親ビンの米帝に国内情勢、このようなことを認識し理解しても、「何かあったときは戦うよーん」なんて言えるの? 仮に安倍ちゃんがそう思ってたとしても、首相一人の自己満足のために国内外を一気に不安定化して、あっという間に安倍ちゃんみずから政権崩壊っとね(爆

 このような、意見についても私は相当に疑問に思います。そもそも、26日に靖国を参拝する必要など全くなかったということを考えると、この期に及んで、国内外の情勢に気遣いながら、「不戦の誓い」などとわけのわからない言葉を発してまで靖国参拝する必要は全くなかったでしょう。普通に考えれば、次の8月15日を待てば良いにもかかわらず、この時期に突然靖国参拝を行ったのであれば当然、「なんでこの時期に突然参拝したのか?」と疑問を持たれるのは当然であると思います。

 そこで、私はその理由を消費税増税と特定秘密保護法の問題による支持率の低下に焦って、自分の支持率を上げるために参拝したのだろうと、推測したわけです。

不戦の誓いを穿った見方しかできず、さも己も中野氏なんかと同じ知性を持ち合わせてるかのように、一国の首相を自己の脳内で理解できると信じこみ、安倍ちゃんはアベコベだーっ、とね(笑 おたくさんみたいな人間に本心を見られてしまうなんて、そりゃ一国の宰相なんて務まるわけないジャン(爆

 「おたくさんみたいな人間に本心を見られてしまうなんて」とありますが、別にこのような見方を行っているのは私だけではなく、評論家も同様の見方をしています

靖国参拝:中韓のパートナーより右翼を取る安倍首相

アジアの諸隣国との関係と右翼からの支持との二者択一で安倍氏は後者を取った形だ。
http://japanese.ruvr.ru/2013_12_26/126491767/


というよりも、実際問題これ以外の合理的な理由を探すのは難しいのではないでしょうか?それでも「安倍首相は立派な人物なのだから、もっと深いことを考えているはずだー!!」というのであれば、それはもう、ある種の保守系の人間が陥りやすい「安倍ちゃんのやってることは全部正しいんだ!!」という擁護と極めて似てきてしまうのではないでしょうか?

チミは、批判したいがために批判してるというか、己の言葉が中野・東田氏と同じになれば満足のかしらねぇ(笑 虚しくならないのかねぇ(笑笑

 ここのコメントについて反論させていただくと、現実問題自分のオリジナルの思考のフレームワークなどを形成できるのはほとんど一部の天才だけであって、ほとんどの人間は、せいぜい誰かの思考や理論のフレームを借用するか、「自分はどんな特定の教義にも囚われない自由な発想の持ち主なのだー!!」という妄想を抱くかのどちらかしか出来ないのではないでしょうか?であるならば、例えば、朝日新聞なら、どう論評するか、産経ならどうか?三橋さんならどうか?中野さんならどうか?池田信夫ならどうか?宮台真司ならどうか?と様々なパターンの認識を考えた上で、自分にとってもっともしっくりする解釈を採用する事が私は、それほど悪いことのようには思いません。

 最後に
中野さんだか東田さんの威を借りてるのかなんだか知らんが、その保守論に立って戦後保守だかなんだかをさも己の認識する保守が正当な保守だと妄想し、保守の矛盾だと氏の言葉を借りてバッサリしてるつもりなんだろうけど、私にはオタクさんこそが保守というものに一刀両断されてる気がするわ(爆
とありますが、仮に、私の意見や認識をばっさり一刀両断され、それまでの認識を根底的に変えてくれるような思考や発想を親切にもわざわざ提供してくれる方がいれば、むしろ私にとってそれほど喜ばしいことはないです(爆


ASREADさんに記事寄稿しました!!こちらもよろしくお願いします!!『「命が一番大事」という価値観は人間をニヒリストにする』http://asread.info/archives/299




↓応援よろしくお願いします


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 18:29 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。