新ブログ作成しました⇒当分期間当ブログと同時更新を続けますが、一定期間経過後、新ブログをメインで使用します

http://ameblo.jp/kattann2525

現在、評論家古谷経衡氏 倉山満氏等を中心とする言論人グループと係争中です。
横浜銀行 横浜若葉台支店 
店番号 387 普通預金口座番号 1258646
タカギカツトシ



多額の弁護士費用とかかりますので、どうか、もしよろしければご支援の方よろしくお願いしますm(_ _)m

2013年11月17日

一見、利口そうに見える馬鹿・・・

 ASREADさんに寄稿しました。言論人の存在価値と三島由紀夫の遺言(http://asread.info/archives/175

 1年ほど前から、三島由紀夫論については書きたいと思っていたところで、ちょうどいいテーマがったので、先崎彰容さんと藤井聡さんの対談の内容と絡めて書かせてもらいました。少し、思想ちっく、文学ちっくな内容にしながら、読み進めていくと次第に鬱々とした気分にさせられるという、何とも言えない内容に仕上がっております(笑)

 この文章の後半では、日本の近代化を不可避の現象であると捉え、その不可避の流れに何の疑問も抱かずに、ただ無自覚にその流れに身を任せる人間と、その流れに苦悩し、抵抗しようとする人間を2種類に分けた上で前者を「不可避の流れに逆らって、わざわざ苦悩することに何の意味があるのだ?」と考える人間、そして後者を「この大きな流れに身を任せ何の疑問も抱かず機械のごとくプログラム通りに生きることに何の意味があるのだ?」と考える人間であると論じました。

 まあまあ、そんなことを書きながら、ふと最近あったあるエピソードを思い出したので紹介してみようかなと思います。

 先日、ある友人と、その友人の知り合いのある女性の方と一緒に食事をする機会がありました。そこで、色々と話をしている中で、将来の話になったので、私は「俺は、多分将来は父親の会社を継ぐと思う」といったところ、その女性は、(なんというかここまで無神経な人っているんだなーと、ある意味感心してしまったのですが)
「えー、親の会社継ぐとかつまらないでしょーw私もー、実はー、親が会社やっててー、地元ではちょっと有名な人なんだけどー。でもねー、私はそういう親に敷かれたレールに乗るんじゃなくてー、自分の力でやれることやりたいと思うからー、親の会社は継がないのーwwww」
とまあ、こんな感じことを言われて(ここまでバカっぽい喋り方だったかな・・・?まあ、いいや)、まあ、よくあるガキ臭い小娘の考えそうな戯言を、よくもまあこうも自慢げに大声で話せるものだななどと思いながら、続けて話を聞いていると、なにやら次に「でもー、私やっぱり親はお金持ちだからー遺産は相続すると思うのー(爆藁)」などと言い出したので、思わず、「要は、親から金は取っておいて、親から押し付けられる責任は逃れたいってだけでしょ?それって、別に独立自尊でも、自分の力で夢を追うのでもなんでもなくて、そういうのを単にご都合主義って言うんだよ?」と皮肉のひとつも言ってやろうかと思ったのですが、そこはまあ俺もいい大人なので抑えました(しかし、まあ後でこのブログでボロクソに書いているわけですが(爆笑爆藁ファイナリスティックドリーーーーーム))。

 まあ、そんな事があった後に、ASREADさんの記事で三島由紀夫論を書いていくなかで、「この大きな流れに身を任せ何の疑問も抱かず機械のごとくプログラム通りに生きることに何の意味があるのだ?」なんてことを書いたのですが、その時に、思ったのが、「ああ、結局、彼女は親の敷いてくれたレールに乗ることは拒否したかもしれないけど、結局のところ、いわゆる近代における、あまりも分かりやすい、薄っぺらで軽薄な価値観にどっぷり浸かりこんで、それの奴隷なってるだけじゃないかということです。

 先に挙げた対談の中で、先崎さんは、国民とかある種の集団を覆っている大きなうねりみたいなものに、人間というのはどうしようもなく巻き込まれてしまい、そこから逃れることは予想以上に難しいものだと述べたのですが、結局ところ、彼女は目に見える分かりやすい親の敷いてくれたレールに乗るということは、拒否したわけだけれど、それよりさらに大きなうねり海流、もっとありていに言ってしまえば、流行のフレーズや考え方には、抵抗や拒否の姿勢を見せるどころか、そんなものが存在すること自体に気づくこともできずに、ただただ流されるクラゲのようになってしまっているのだなぁ・・・などと考えてしまいました。

 しかし、まあ、皆さんの周りを見回しても、こういう人って結構たくさんいるもんなんじゃないですかね?まあ、なんとなく、この女の子本人がこのエントリーを読むようなことがないことを願いながら、今回の記事のこのへんで終わりにしようかなと思います(笑)

こちらの記事もよろしくお願いします⇒『言論人の存在価値と三島由紀夫の遺言』(http://asread.info/archives/175




↓応援よろしくお願いします


posted by 古谷経衡と倉山満による不当な言論弾圧を許さない市民の会 at 17:34 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。